◆独立のきっかけ

 インタビューに応えて独立のきっかけや仕事のことなどを話しています。(2013年1月)


◆初めて事務所を開設した時
 1995年春事務所開設祝いにいただいた絵。象さんだと長い合間思っていたのですが、カバさんでした。


 のんびりと気持ちよさそうに歩いている様子には、自分の道を悠々と進んでくださいという贈り主からのメッセージが伝わります。


◆人生の大先輩から継ぐ訓

 85歳になられる「自業家」の大先輩、気にいって買ったという額を、『これ、あなたに上げる。もう長くは持ってられないから』といただいた2014年春。心にきざみます。

 究めれば そこが 天職








「パーソナル・アシスタント」

 この名称自体は主に欧州で存在する職種です。「秘書」が総務的業務なのに対し、ボスにサジェッションや進言もするのがパーソナル・アシスタント。

 独立を決意し、事業の概念が頭の中で出来あがった後、その概念をどう表現するか考えていた時、「パーソナル・アシスタント」という言葉に出会いました。

 独立当初の概念は、「中小企業経営者の経営企画活動を外部から知的に労的にアシストする」。役割は通じるものあると考え、業称としたのでした。

『経営略系コンサルティング』

 『ビジネス×ライフ略系表』をはじめ、、独自のアウトプットをもとに、経営と人生を戦略的に進むための、ある意味、<仕様書>を提供するものです。詳しくは、「経営略コンサルティング」をご覧ください。

『自業コンサルティング』

 自業を「じぎょう」と読み、〈自分ならでは〉の仕事で誰かのためになり、自分の価値観に合った生き方を指しています。詳しくは「自業コンサルティング」をご覧ください。



LEE'S概要


2018年8月28日(火)更新

所 名 LEE'S リーズ
代 表 パーソナル・アシスタント リー・ヤマネ・清実(きよみ)
信 条 人の可能性は人の働きかけによって拓かれる
役 目 人の可能性を拓くよりよき働きかけをする
モットー 気にとまったこと、思い立ったことはやり過ごさない
所在地 大阪市北区芝田2丁目8-15 北梅田ビル35号
TEL.06-4802-1525  FAX.06-4802-1525
問合せ info@leeslee.com
独 立 1991年3月独立、1995年3月事務所開設
*独立のきっかけをインタビューに応えて話しています
事 業 コンサルティング&プロデュース

●パーソナル・アシスタント

 ・経営者、経営層、起業家等の経営企画活動支援
  −戦略的業務をよりよく実践できるようプロデュース

 ・『経営略系コンサルティング』
  −経営と人生の目的を確認し、過去から未来を
   鳥瞰し、想定し、戦略的業務に臨るようアシスト
   するLEE'S独自のコンサルティング

 ・『自業(じぎょう)コンサルティング』
  −<自分ならでは>の仕事といき方、「ライフワーク」
    を見つけるLEE'S独自のコンサルティング 

●セミナー・研修企画・講演

 ・起業、企画、戦略、コミュニケーションが主なテーマ
  −大人数の講演以外、受講者との対話を軸に、
   プロジェクターは使用せず、レジメを参考資料に
   ホワイトボードに描画するスタイル
沿 革 1991年3月自宅を事務所に開業
1995年3月大阪市中央区南船場に事務所開設
1996年4月中小企業診断士登録
1997年7月ホームページ開設
1999年3月ホームページリニューアル
2003年3月現所在地に事務所

*詳細は「LEE'Sの歩み」をご覧ください。

〜中小企業診断士をめぐるエピソード〜

 真面目にに叱ってもらったおかげで

 独立した後のある日、調べものをしに中之島図書館へ行った時のこと、合間に手にした経営コンサルタントの本の中に中小企業診断士のことが紹介されていました。

 その翌日、朝日新聞の朝刊に診断士の受講講座開講無料説明会の広告。これも何かの流れかと感じ、説明会だけのつもりで出かけてみたのです。

 行ってみると参加者に女性はわたし一人。主催者の話によると経営の勉強にもなりそう。そこでベーシックコースだけつもりで受講を申し込んだのでした。

 通い始めてみると、受講者の真剣なこと。資格にはあまり意味を感じていないわたしの態度が目に余ったのか、長年勉強を続けているグループのリーダーが言いました。

 「リーさん、そんなんあかんで、もっと真剣にやらんと。リーさんもちゃんと受験し!」

 我はつよいのですが、いざという時はけっこう素直です、わたくしは。この先輩受講者の真面目に叱ってくれる様子に、そうだ、そうしようと直感したのでした。

 自分は資格に意味は感じなくても、人は感じているんだとわかったのは取得してからです。前職の上司が「診断士をとったなら紹介しがいがある」。

 実際に紹介してもらい、「パーソナル・アシスタント」だけでは突破口は開けなかったかもしれません。あの先輩受講者に感謝しています。