日常を観察する  −日々感じ、考えたことを書く −


次のページへ

「Style−仕事の原点」へもどる

『書くこと、話すことは魂の労働』(若松英輔)

2018年3月31日(土)更新


 『話せる人だとは思っていたけど、書ける人とは思わなかった』と知人に言われたのは、これから20年前。リーズレターを送っての感想でした。書ける? とんでもありません。<書く>ことが好きというわけでもありません。

 『ここに書いたものはわたしの学説ではなく、わたしの研究であり、他人を教えるためのものではなく、わたしを教えるためのものだ』(モンテーニュ)

 500年前のフランス人で、<初代エッセイスト>「モンテーニュ」にならえば、<書く>ことは自分を問うこと。ふり返れば、10代の頃からそうしていましたから、これはもう<さが>としか言いようがありません。
Catch the eye 2018年1月   「動じず動じて」、「常」、他


Catch the eye 2017年12月  「耳、音調、情操」、「本の選択」、他

Catch the eye 2017年11月  「どこかで分身が」、他

Catch the eye 2017年10月  「<話せる>」、「学びと自信」、「考えることに慣れる」、他

Catch the eye 2017年9月   「社会の多様性」、「本一服」、「晩年の青春」、他

Catch the eye 2017年8月   「ブラックボックス化」、「同世代間ギャップ」、「旧くて新しい課題」、他

Catch the eye 2017年7月   軸をすえてくれた本、「たいじん達の共通点」、他

Catch the eye 2017年6月   『皮膚は考える』、「偶然」を考える本、空に目をむける本、いずれ糧になる本、他

Catch the eye 2017年5月   「自習」、「社会の要請」、『数学する人生』、他

Catch the eye 2017年4月   「トップメッセージ」、他

Catch the eye 2017年3月   「天職」、「閉ざさない」、「自分の中にある」、他

Catch the eye 2017年2月   「ディープラーニング」

Catch the eye 2017年1月   「穏やかに2017年」、他


Catch the eye 2016年12月  「顏力」、『ダイビングベル』、「旧交温める」、他

Catch the eye 2016年11月  「大統領選」、「節目の2017年」、「87歳の境地」、「上を向いて」、他

Catch the eye 2016年10月  「ソーシャルビジネス」、「滝畑てれれ」、「女性の時代」、「親近感」、他

Catch the eye 2016年9月   「口を噤ませない」、「チェジュ」、「いぶし銀の輝き」、他

Catch the eye 2016年8月   「わかったつもり」、『絶妙の偶然』、「起業家たち」、他

Catch the eye 2016年7月   『プロ講師になろう塾advance』、「大きな流れ」、「輝く」、他

Catch the eye 2016年6月   「人間ならではの力」、「話せる場」、「コミュニケーション」、他

Catch the eye 2016年5月   「トップ」、「五感」、「東洋陶磁美術館」、他

Catch the eye 2016年4月   「ドラマティック」、「街に世相」、後記、他

Catch the eye 2016年3月   「分身ロボット」、「8年前の連載記事」、他

Catch the eye 2016年2月   「リクルートスーツ女子」、「ミンスキー逝く」、「想像力」、「月」、他

Catch the eye 2016年1月   「ensの新年会」、他


Catch the eye 2015年12月  「受けて起つ」、他

Catch the eye 2015年11月  「書くこと」、「三旬前の予感」、「理と不文律」、他

Catch the eye 2015年10月  「本」、「創業する人」、「習慣」、他

Catch the eye 2015年9月   「ジェネラル」、「チェジュ」、「努力」、「ソウル」、「洗練と許容」、他

Catch the eye 2015年8月   「目に迫り、攻めて」、『個で起つ』、「意思」、「リズム」、他

Catch the eye 2015年7月   「協力、協調、協働」、「哲樂散歩」、「ほんの小さなことが」、他

Catch the eye 2015年6月   「ひと役」、『あじさい人びと楽座』、「野性的知性」、他

Catch the eye 2015年5月   『卑怯を憎む心を』、「見てとる」、他

Catch the eye 2015年4月   『櫻の樹の下には』、「木津川 八木邸」、「お一人様の先」、他

Catch the eye 2015年3月   「鳩の知らせ」、「強弁と実相」、「師について」、「クレオ大阪北館」、他

Catch the eye 2015年2月   「センサー」、「この先10年の様相」、他

Catch the eye 2015年1月   「書くこと」、「am8:40頃の出来事」、「身体と環境」、他


Catch the eye 2014年12月  「経験的発見」、「フランスならでは」、他

Catch the eye 2014年11月  「逮夜」、「人を想う」、他

Catch the eye 2014年10月  「自分史的発見」、「20歳」、他

Catch the eye 2014年9月   「日常のあり方に」、「ノスタルジー」、他

Catch the eye 2014年8月   「2045年の世界」、「ブレず、ズレず、ヤメず」、「超える」、他

Catch the eye 2014年7月   「佐藤初女さん」、「倫理」、「堂」、「環境」、他

Catch the eye 2014年6月   「便り」、「未来の心身」、「道」、「読ませる文」、他

Catch the eye 2014年5月   「肌センサー」、「<いき>のリレー」、他

Catch the eye 2014年4月   「変わりつつ変わらない」、他

Catch the eye 2014年3月   「ensファイナル」、他

Catch the eye 2014年2月   「大阪に雪」、他

Catch the eye 2014年1月   「絵を描く人」、他
Catch the eye2013年12月  「マンデラ氏の訃報」、「手作りの葉書」、「本のカバー」、他

Catch the eye2013年11月  「朝と夜の判断力」、他

Catch the eye2013年10月  「女性たちの秋」、他

Catch the eye2013年9月   「中秋の名月」、他

Catch the eye2013年8月   「秋の気配」、他

Catch the eye2013年7月   「夏こそ旅」、他

Catch the eye2013年3〜6月 「グランフロント大阪」、「鑑察と観察」、「読み込まれた本」」、他